ヨシダホーム

問合せ/資料

ヨシダホーム

menu

家づくり7ヵ条

  • 快適に暮らせる家になっていますか?

    快適に暮らせるための高断熱高気密化は住宅の基本性能です。しかも本物の高断熱高気密でなければなりません。本物とは「高性能が持続する」ということです。

  • 長持ちする家になっていますか?

    経済の高度成長時代も終わり、住宅が20~30年で建て替えられる時代ではなくなりました。
    まず、構造的に長持な家でなくてはなりません。

  • 地震・火災・その他災害等に強い家になっていますか?

    日本は地震国、神戸のように災害のないといわれた地域でも大地震が襲いました。北海道奥尻の地震と火災も記憶に新しくあります。万が一の事態にどんな備えになっていますか。

  • これから永く暮らせる家になっていますか?

    家が百年でも長持ちする「造る技術」はできています。今度は「人が長く暮らせる」家について考えなくてはなりません。高齢化・不慮の事故、家族の増減、社会文化の変化、エネルギーの高騰、社会や人間、環境の変化に対応できる家はどんな家でしょうか?

  • 健康(有害科学物質・室内汚染)に配慮されていますか?

    住宅の建材や家具調度品に使われている様々な化学物質に過敏に反応する人(化学物質過敏症やアレルギー反応)が増加して来ました。住まいと健康に関する知識を深めて自己防衛する必要があります。

  • 環境破壊や汚染、資源保護に配慮されていますか?

    建材はその生産時から消費、廃棄するサイクルの中で環境に様々な影響を大きく及ぼします。オゾン層拡大、温暖化など環境破壊が進む今日、誰もが未来の地球環境を考えて行動しなければならない時代になっています。

  • いい業者を選んでいますか?

    自分の住まいを造るという事は自分の人生設計に通ずるとも言います。自分の思いを実現してくれる業者とめぐり合えるかが非常に重要です。また百年住宅でも途中のメンテナンスは当然必要です。主治医とは病気になった時に頼む自分の専門医者という意味ではなく自分の身体の健康を一番よく知ってくれている医者です。住宅も永く生き続ける自分の住まいです。出来れば主治医になれるような業者と巡り合いたいものです。

吉田ホーム